中村耳鼻咽喉科 愛知県春日井市の耳鼻咽喉科(耳鼻科)・アレルギー科

ホームへ
「へぇ、そうなんだ。」耳の病気編

耳の構造と働き
●外耳道・中耳・内耳
子供の中耳炎
●カゼをひくと中耳炎になりやすいのは?
●治療は? 鼓膜切開って?
●鼓膜切開の仕方
●細菌検査
●耳鼻科の処置に通うわけ
●治りにくい中耳炎・滲出性中耳炎

耳管狭窄症
●耳が詰まった感じになります
外耳道炎
●耳の穴の奥の傷は治りにくい
耳垢(耳あか)
●プロの耳垢のとり方
●耳垢に個人差あり
急性難聴(突発性難聴)
●治療が遅れると聴力は回復しません
めまい
●体のバランスとめまい
●めまいは問診から
●「めまい」なのに聴力検査?


耳の構造と働き

●外耳道・中耳・内耳

外耳道

のぞいて見える「耳の穴」の部分です。突き当たりに鼓膜があります。音が耳の穴に入ってくると、鼓膜が振動します。

中耳

鼓膜の奥にある小さな空間です。耳小骨と呼ばれる小さな骨が、「てこ」の原理でつながっていて、鼓膜の振動を増幅して内耳に伝えます。
中耳は、「
耳管」と呼ばれる管で、鼻の奥(のど)とつながっています。「ゴックン」と飲みこむような動作でこの耳管が開き、中耳内の空気圧調整がされています。(ダイビングの「耳抜き」も耳管のこの働きを利用しています。) 

内耳

内耳は二つの機能を持つ器官から構成されています。一つは、伝わってきた音の振動を電気信号に変える「蝸牛(かぎゅう)」と呼ばれるカタツムリの殻に似た形の器官で、その情報を脳へ伝える神経が「蝸牛神経」です。もう一つは、体のバランス(平衡)を感知する「三半規管」と「前庭」で、これらで感知したバランスの情報を脳に伝える神経が「前庭神経」です。

耳は、上記の3つの部分から構成されており、この中耳の部分に炎症(腫(は)れる、赤くなる、熱が出る、痛みがある)の起きた状態が中耳炎です。同様に、外耳道の炎症を「外耳道炎」といいます。


ページトップへ

子供の中耳炎


●カゼをひくと中耳炎になりやすいのは?
耳(中耳)は「耳管」で鼻の奥(のど)とつながっています。細菌やウィルスが、この耳管から中耳に入り込んで起きるのが急性中耳炎で、熱が出たり耳を痛がったりします。子供が中耳炎になりやすいのは、大人よりも耳管が短く水平に近いという、バイ菌が入り込みやすい構造のためです。6歳くらいまでの子供に多くみられる病気で、成長して大人の顔立ちに近づくにつれ、中耳炎になりにくくなります。

●治療は? 鼓膜切開って?
抗生物質や炎症を抑える薬を内服しますが、鼓膜の状態によっては、鼓膜切開を行う場合があります。中耳炎の強い耳の痛みは、たまったうみ(膿)が鼓膜を内側から外に押しのばすために起こります。切開して中のうみが出ると、痛みは和らぎます。耳だれは張りつめた鼓膜が破れて、うみが流れ出た状態です。自然に破れるのとは違って、鼓膜切開は、鼓膜の再生能力のよい場所をえらんで行います。うみを出すだけの小さな穴ですので、健康な鼓膜であれば、数日でふさがります。鼓膜の強度が低下している場合や、重度の感染で耳だれが続いている場合に、穿孔が残る場合があります。

●鼓膜切開の仕方













切開というと、メスでザックリと切るイメージがありますが、鼓膜切開では、専用の切開刀(下図)で鼓膜を「プッツン」して、直径1mmよりも小さいくらいの穴を開けます。切開の前に、薬液をイオン化させる器械を使って、麻酔薬と止血剤で11分間耳浴(耳の中にお薬を入れてこぼれないよう横になります。)します。麻酔してあっても痛がることはありますが、お子さんの場合は恐怖心で泣くことも多いようです。(鼓膜切開する前に大泣きしていたお子さんが、診察終了後も泣き続けて玄関を出ることはほとんどありまん。)



鼓膜切開に限らず、耳鼻科の処置を怖がるお子さんは多いです。
「先生! お願いですから、やめて下さい! もう治りました!」と絶叫しながらも、全く頭を動かさないお子さん。最初は麻酔もできないくらい泣いて暴れていたのに、3回目の受診で泣かずに鼓膜切開を受けたお子さん。たまたま同じ保育園のお子さんが受診されていて、その子がいる間だけは頑張れてたお子さん。子供なりに、みんな一生懸命です。お子さんの勇気の後押し、ご協力をお願いします。

●細菌検査・追加料金が請求されることがあるわけ
中耳炎や副鼻腔炎で、耳だれや鼻汁を採取して、細菌検査を行う場合があります。まず、感染の原因になっている細菌を検出し、菌が検出された場合、その細菌にはどんな薬(抗生物質)が効くのか追加の検査(薬剤感受性検査)を行って、その情報を治療に役立てます。会計の時、「検査結果によって、追加の検査が必要となります。後日、追加分の費用を請求させていただくことがありますのでご了承ください。」とご案内するのは、この薬剤感受性検査の費用のことをさしています。

●耳鼻科の処置に通うわけ
鼓膜切開した後や、耳だれが続いている時は、耳だれを吸引したり、固まった耳だれを取り除く処置をして、バイ菌だらけの耳だれが外に出てきやすい状態を作ります。耳の穴の通りをよくすることで、点耳薬(耳の穴の中に数滴垂らす薬)が患部に届きやすくもなります。また、鼻の処置(吸引等)も同時に行い、耳への負担を減らします。「毎日通ってください。」といわれるのは、こうした時期だけで、経過がよければ通院間隔をあけていきます。急性中耳炎は、順調にいくと、2〜3週間で治ります。

●治りにくい中耳炎・滲出性(しんしゅつせい)中耳炎
耳が痛くなる中耳炎は、細菌やウィルスの感染によるものですが、治療を受けていても、なかなか治りにくいお子さんがあります。滲出性中耳炎(「滲出」は「にじみ出る」と書きます。)と呼ばれるもので、耳管の通りが悪く、たまった水分(分泌液)が耳管を通ってのどに排出されにくい状態であるのが原因です。普段は、痛みもありませんが、たまった水のために鼓膜の動きが悪く、聴力低下がみられます。耳管の働きが悪いために、感染を起こしやすく、急性中耳炎を繰り返しやすいのも特徴です。また、慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎を合併している場合も多いです。そのため、中耳炎の経過が長引く場合には、ティンパノメトリー検査を行って、鼓膜の動き具合、水がたまっているかどうかを調べます。

ページトップへ

耳管狭窄症

●耳が詰まった感じになります
アレルギー性鼻炎や、アデノイド肥大、のどや鼻に炎症がある場合などに、鼻の奥の耳管の入り口が狭くなると、耳管の通りが悪くなります(耳の構造と働き参照)。耳管の換気が悪くなると、鼓膜の奥の空気は、周囲に吸収されていきますので、鼓膜より内側の空気圧は陰圧になり、鼓膜は奥に引っ張られて陥没した状態になります。そのため、耳が詰まった感じがする、自分の声が大きく響いてこもった感じに聞こえる、などの症状が出現します。ティンパノメトリー検査の結果はC型です。長引くと、周囲の粘膜から水分が滲み出てきてたまるようになり(滲出性中耳炎)、ますます聞こえが悪くなります。

ページトップへ

外耳道炎

●耳の穴の奥の傷は治りにくい
耳の中の皮膚は、奥へ行くに従って非常に薄くなっています。そのため、耳掃除などでいったん傷がつくと、再生が悪く、なかなか治りません。また、湿度も高いため、バイ菌がつきやすくなっています。

ページトップへ

耳垢(みみあか)

●プロの耳垢のとり方
ガチガチにへばりついている奥の方の耳垢を無理矢理とろうとすると、耳の壁に傷がついてしまいます(前項の「外耳道炎」参照)。耳垢水(水と油の両方の性質を持った成分です。)を点耳していただいて、耳垢を柔らかく、剥がれやすくしてから取り除きます。(耳垢水を点耳すると、耳垢がふやけて、一時的に耳がつまった感じが強くなる場合があります。) 使う道具も、耳用綿棒以外に、耳用ピンセットや、吸引器、耳垢鉗子、耳垢フックなどがあり、どこに、どんな風に、どんなタイプの耳垢がついているかによって、これらの道具を使いわけています。

●耳垢に個人差あり
耳垢は、耳の穴の壁から分泌物に、剥離表皮(古くなって剥がれた皮膚)が加わってできています。湿ったタイプの耳垢か、乾いたタイプの耳垢ができるかは、遺伝に関係があります。日本人は、乾燥したタイプが約8割、湿ったタイプが約2割です。耳垢の性質によって、つまり方も違います。

乾いたタイプ パラパラになりやすく、放っておいても自然に外に出てきやすいタイプですが、年輪のようにかたまってしまうこともあります。
湿ったタイプ 耳掃除の時、逆に奥につめていってしまうことがあります。「みそ」のようにベトベトしてとりにくい場合もあります。

耳垢は、放っておいても自然に出てくる(耳掃除をするのは人間だけです。他の動物はしません。)場合が多いので、神経質に掃除する必要はありませんが、耳垢の性質によっては、定期的に耳掃除に耳鼻科を受診される方もいらっしゃいます。
小さなお子様の場合、耳の穴が狭く、子供用綿棒を使っても耳垢を押し込む結果となったり、急に動いて耳を傷つけることもありますので、耳鼻科でのお掃除をおすすめします。子供が寝ている間に耳掃除する方もいらっしゃいますが、じっと寝ているとは限らず、とても危険です。

ページトップへ

急性難聴(突発性難聴)

●治療が遅れると聴力は回復しません。
文字通り、突然、難聴になります。片側だけに起こる場合が多く、「おかしい。」と自覚されやすいのですが、もう片方は聞こえるため、「そのうち戻るだろう。」と放っておかれる方があります。特に、「何となく耳がボーッとするけど、会話には困らない。」という場合、聴力検査を行うと、低音の聞こえが悪いことが多いです。30代から50代の働き盛りの年代に多く、忙しさのために受診が遅れがちですが、治療が遅れると、聴力の回復が難しくなるため、できるだけ早く診断・治療を開始したい病気です。

ページトップへ

めまい

●体のバランスとめまい
三半規管や前庭が感知する頭の動きや傾き、体を支える筋肉の力の入り具合、目で見る周囲の景色(上下左右、景色の流れ)など、体のバランスに関する情報は、脳に伝えられ統合・分析されます。そして脳は、体のバランスを維持するために、目や、体幹・四肢の関節をどう動かすかの指令を瞬時に送り返しています。めまいは、この経路のいずれかに異常があると起こります。バランスをとるためのシステムと目の動きには密接な関係があり、めまいは「目眩(眩暈)」と書くように、めまいの時、目がグルグル回ったり、揺れたりします。この目の独特な動きを「眼振」といい、めまいの原因の場所によって特徴的な動きを示すため、めまい診察の重要な情報となります。

●「めまい」は問診から
「めまい」の原因は、耳鼻科の病気だけではありません。不整脈や血圧の変動等の全身の病気や、脳血管障害や腫瘍等の脳の病気、場合によってはお薬の副作用でも起こることがあります。しかし、診断をすすめていく上で、めまいがおきた時の状況、続いた時間、めまいに伴う症状や経過等の情報によって、半分以上診断がつく病気でもあります。「めまい」で来院された方には、通常の問診用紙とは別に、めまい専用の問診用紙をご記入いただいております。質問項目が多く、記入に負担を感じる方もあるかと存じますが、どれも診断をすすめていく上で貴重な情報となりますので、よろしくお願いいたします

●「めまい」なのに聴力検査?
耳の構造をごらんください。バランス機能をつかさどる前庭系と、聞こえの機能の聴覚系は、すぐ近くにつながっていて(進化の過程をたどると、もともと同じ器官から分化したものです。)、一方に傷害がおこると、他方にも影響がでやすくなっています。めまいと難聴をきたす内耳の病気の代表的なものは、「メニエール病」ですが、突発性難聴や聴神経腫瘍など、めまいと耳鳴りの症状を併発する病気もあります。

ページトップへ