ガレキ販売およびWeb上での展示物の著作権について

ある画像情報の展示を行うとき、個人のページであっても、一般に公開するのですから個人使用とはみなされません。 個人ページであるから、非営利であるから、といって、著作権を侵害するような行為が許されるわけではないのです。
とはいえ、営利目的でない場合の著作権使用申請を扱ってくれる機関がないことも確かで、困ってしまいます。 しかし、いくつかの著作権者の方々は(ほとんどボランティアベースで)HP上での展示許可をとりあつかってくれます。
また、キャラクターものガレージキット販売に関しても、いくつかの著作権者の方々は、非商業レベルでの販売についてはあえて権利を発動することはしないとの立場をとってくださっています。 そのような奇特な(といわざるを得ない現状にがっかりしていますが)かつ貴重な著作権者の方々のサイトを紹介します。
下にある、同人活動に理解ある著作権者様には心からの感謝と尊敬をm_o_m
注意:下記著作権者の方々は著作権を放棄しているわけではありません。 つまり、あくまで厚意にて、同人活動には目くじらを立てない、と言ってくれているわけです。 ですから、いうまでもないことですが、下記から辿れる記述を逆手にとっての厚顔無恥な振舞いはないと信じておりますし、今後も決してないと希望します。

なお、この著作権者様リスト(いわゆるギャルゲー中心になっておりますが^_^;v)の作成に関しては、情報、動機ともおかもちさんに多くを負っていることを感謝の念とともにここに記します。
#おぉぉ!このページ、ギャルゲー公式サイトリンク集としても便利!^o^;/
##このページでこのような許諾条件が明示されていた、等の情報提供、熱烈歓迎しております_o_


同人活動に対して寛容な姿勢を明示してくださっている版権者様リスト
また、著作権の考え方については、以下のページがたいへん参考になります。
Cyber Law Japan
ネットに関わる法に詳しい奥村弁護士による奥村法律事務所のサイト。 知的財産権を始めとして、豊富な記述があります。

寺本振透氏のホームページ(2000-11-19現在アクセス不可)
インターネットマガジン誌でネット上の著作権問題について解説されている寺本氏のHP。 当該記事「ネットワーク時代の知的所有権入門」については、梅本氏のサイトの一部である インターネット関連知的所有権(copyright)メーリングリストのページ をご覧ください。

I.P.World
同じくインターネットマガジン誌でネット上の著作権問題について解説されている弁理士の松倉秀実氏のサイト。

弁護士のアシスト/インターネット ロイヤー 法律相談室
牧野二郎氏のサイト。知的所有権とはなんぞやということについてわかりやすく分類解説されている。

Webコンテンツと知的財産〜著作権の概要と新しい流れについて〜
1997年12月17日にパシフィコ横浜で開催されたInternet Week‘97(主催JPNIC)での岡村久道弁護士の講演資料。

インターネット弁護士協議会
インターネットアクセス可能な弁護士さんや市民の方々有志によって結成された、法律情報の提供、意見の交流を目的としたサイト。
(1997-01-07作成/2000-11-19更新)
[後藤のホームページへ戻る]