荒木常男のホームページにようこそ

荒木産婦人科肛門科 院長 荒木常男 

{標榜科:産婦人科、肛門科、麻酔科(麻酔標榜医 荒木常男)}

あなたは 人目の閲覧者です

2016年06月26日更新(Since 2004.02.11)。

目次.

パート職員募集 2016.5.19
勤務時間:1. 月〜金 午前8時40分〜午後12時35分 and/or
2. 月・水・金の午後4時40分〜午後7時10分
(実際の勤務日、時間は相談で決定します)
勤務内容:受付、レセプト作成、診療補助、清掃など。
癌免疫療法、高濃度ビタミンC点滴慮法など、最新医療に興味有る方歓迎。
一年後正規職員への道有り。
給与:時間給 1.は1000円。
       2.は1300円
15日締め、25日現金支払い。
   交通費:月4400円。
賞与:7月、12月に1ヶ月分相当。昇給:20円/1年
未経験の方でも、親切に指導します。(家庭主婦、大学生も歓迎)
学歴:高卒以上。大学卒歓迎。女性、18歳から50歳まで。
まずは、御気軽に診療所に問い合わせ電話入れて下さい。(9時から12時半
、月〜金)面談日決めます。写真付き履歴書持参のこと。
電話番号072-223-7959

0. 2016年6月のお知らせ

1.過去のお知らせ

2.電話番号(072-223-7959)(GPSナビゲーター表示されます)

3.診療所地図

4..診療時間

5..診療内容(産婦人科、肛門内科、肛門外科、胃ガン検査

5-2.グルタチオン点滴療法によるパーキンソン病の治療

5-3 .超高濃度ビタミンC点滴療法(癌治療への効能日本での療法の内容の実際説明書点滴療法同意書費用

(超高濃度ビタミンC点滴療法は2016年2月12日より実施。ほかの代替医療のハイパーサーミア、アベ樹状細胞ワクチンは紹介になります。)

6.自費料金一覧(産婦人科・癌の代替治療)

7.日本の健康保険制度についての私の改革案

8.堺市有床診療所立入検査について

(2004年3月4日の荒木産婦人科肛門科への立入検査問答も追加

9.臨床研究報告

10.ピロリ菌と胃ガン

11. ピロリ菌除菌薬5種感受性判定表

12. ピロリ菌除菌成績(5種類抗菌剤感受性検査結果に基づく)

所在地 大阪府堺市堺区中安井町3丁4-10 

堺東八千代ビル2階(堺市民会館南向かい)

TEL  072-223-7959 (GPSナビゲーター表示されます)

FAX 072-223-7065

診療日/時間:

AM9:00〜12:30(月〜金)  PM5:00〜7:00(月、水、金)

初診の方は午前は12時まで、夜は6時30分までにいらして下さい。

休診日:土曜、日曜、祝祭日目次に戻る

診療内容 

肛門科(肛門内科、肛門外科)

1.痔疾患各種外来手術(すべて医療保険使用可能です)

a. 内痔核の硬化療法(パオスクレー注の硬化療法)(費用は3割負担で約7000円)

b. 内痔核のゴム輪結紮手術(費用は3割負担で約7000円)

c.内痔核の硬化療法(ジオン注の硬化療法)(費用は3割負担で約4万2千円)

ジオン注硬化療法の当院での術前・術後説明書

d. 内痔核根治術(モルヒネ添加仙骨硬膜外麻酔.で15時間無痛,Liga Sure使用)(費用は3割負担で約4万2千円)

e. 全周性外痔核合併内痔核のクッション吊り上げ肛門形成術(札幌いしやま病院式 (費用は3割負担で約5万2千円)

2.大腸内視鏡検査(電子内視鏡)、内視鏡下大腸ポリープ切除術

産婦人科

3.子宮癌検査、コルポスコープ下病理組織検査

4.乳房エコー検査(乳がん検査)

5.不妊症検査、治療(子宮卵管造影、腹腔鏡検査は出来ません)

6.胎児超音波検査(体重推定、胎盤位置、男女判別など)、カラードップラー超音波検査。

7.子宮がん、大腸がん検診(特別1500円追加でヘリコバクタ・ピロリ菌抗原検査可能)、

特定検診(堺市委託検診)

8.避妊対策(低用量ピル、緊急避妊法(約4000円)ミレーナ(自費5万4千円、過多月経、月経困難症の目的の方は保険併用で約4万円)、銅線付きFD-1(4万円))

8-1. 月経困難症を伴う子宮内膜症の治療: ミレーナの挿入を活用しています。

9.人工妊娠中絶術(外来手術、完全無痛です。妊娠10週まで8万8千円、妊娠11週まで、9万8千円。妊娠12週以降は受付不可)

10.子宮脱の保存療法としての、ペッサリュウムの挿入(2万円)目次に戻る

11.HRT(ホルモン補充療法)

12.尿失禁治療。(腹圧性尿失禁に対するTVT手術の説明。実施は他院紹介です。)

14.子宮頚癌予防ワクチン(ガーダシル)予約電話入れて下さい。

15.子宮頚部異形性上皮の冷凍手術(3割負担で約4万円)

胃ガン

16. 便ヘリコバクタ・ピロリ菌抗原検査(1500円)

プラセンタ療法

17.ラエンネック注射液もメルスモン注射液もどちらもあります。健康保険が適用できる方は、メルスモンでは、更年期障害・乳汁分泌不全の方、ラエンネックでは慢性肝疾患の方に限られます。疾患のない方の注射は自費になります。筋肉注射で1回2000円です。

(事前の問診、感染症血液検査必要です)

18. ラエンネック、メルスモンなどのホルモン定量結果(本邦初公開)

パーキンソン病

19. グルタチオン点滴療法によるパーキンソン病の治療

免許:日本産婦人科学会認定医、日本内科学会認定医、

日本臨床細胞学会細胞診専門医、麻酔科標榜医、母体保護法指定医、

日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医、

超高濃度ビタミンC点滴療法登録医

出身大学:北海道大学医学部(西暦1973年=昭和48年卒)

問い合わせ、質問はこちらarakitsuneo@mars.sannet.ne.jp
目次に戻る