るなぱのHPタイトル「十字路の女神」について

ある古い女神さまから頂いた名前です。

十字路の女神ヘカテーとルナパの関係

 こうして公開することになるとは思わなかったのですが、彼女は私が最も敬愛する女神さまです
 十年以上続いたうちのHPのタイトルはこの女神様の異名から頂きました
 ちなみに三相一体で三柱に見えますが一柱で、大変古い歴史を持つ女神さまです

 うちのHPのタイトルに使わせていただいた理由は
・月由来のるなぱに対し、「古い」月の女神である
・十字路は様々な交流の象徴であり、それを見守る女神である
・夜の十字路には精霊が集まり、古代には人々が集会をしていた
・主に裏方のお仕事が多い女神である
・開設当時(PSO時代)はフォマール(※フォース・人間・女性)のキャラだったため、 魔女の女神でもある彼女に肖った
・リーダーのあでぃがアフロディーテだったので女神繋がり
・こう見えて意外と武闘派の女神だから

十字路の女神ヘカテーについて

 うちのチームのHPではなく「十字路の女神」を検索して来られた方や興味を持たれた方のために簡単な解説です。
 女神ヘカテーは長い歴史の中で様々な名前で呼ばれ、三相一体の女神として知られています。
 古代ギリシャ以前はアナトリア半島で信仰されていたといわれ、 古代ギリシャに入ってからはティターン神族の直系で古い月と闇夜の女神、魔術の女神、冥府神など様々な神格を得て、 大地母神として出産も司り、妊婦さんや産婆さんに信仰されていました。 後に魔女たちの女王という名がつけられたのは魔術師たちの守護神という立ち位置に加え、 薬草を扱う産婆さんのイメージからです。

 彼女は交易を司る三叉路の女神としても知られ、三叉路には石像が置かれ旅の安全などを祈願されていました。 これらの像にはヘカテーのごちそうと呼ばれる鶏の心臓と蜂蜜入りの菓子、卵やニンニクなどが供えられ、 そのお供え物は貧困者の食事となっておりました。
 後年になるにつれキリスト教の影響で魔女たちの女王、地獄の女神などと呼ばれ、 おどろおどろしい姿で描かれるようになりました
 

書物の中の女神ヘカテー

 女神ヘカテーは一般的な信仰以外に当然神話に関する物語や書物の中にも出て来ますが、 特に有名なのはギリシャ神話の巨人族との闘いを記した「ギガントマキアー」での活躍です。  神は巨人族を殺せないという制限により、オリンポスの神々も苦戦したのですが、 人間がやればOKということでヘラクレスがとどめを刺して回って勝利しました。
 ヘカテーはオリンポス12神以外で巨人族を倒した数少ない神の一柱として記載されています。 松明で焼き殴り倒したとか、見かけによらず武闘派です。

 英雄イアーソンの「アルゴ号の冒険」ではコルキスの守護神であり、王女メーディアの魔術に助力しています。

 意外なことに日本ではすでに江戸時代に「西洋雑記」で地獄の女神として紹介されています。

 その他「カルデア人の託宣」など魔術関連の古文書にも魔術の女神らしく多数記載があります。

女神ヘカテー信仰

 女神ヘカテーへの信仰は大きく分けて二つ、ひとつは出産の加護や旅の守護など素朴な生活に根差した信仰。 もう一つは魔術関連の信仰になります。
 三叉路の女神としては先に書いたように三叉路の神像にお供えなどもされて、 お地蔵さま的な道祖神のような扱いです。
 出産については普通に出産の安全祈願や陣痛を抑えるよう願ったりしていましたが、 当時は死産も多く洗礼を受けずに死んだ者は母子共に地獄行きやら吸血鬼になるやら 色々面倒な考えもあり、そういう状況で女性たちが女神ヘカテーに救いを求めた経緯があります。
 そして男性社会での偏見やキリスト教の影響で産婆さんの経験による薬草治療や出産の手助けが迷信的で野蛮な物とされたため、 彼女たちの信仰する女神も偏見の目で見られるようになっていきました。
 後期には産婆さんたちそのものが魔女として弾圧され、結果的に女神ヘカテーも魔女の女王とされ 3つの頭を持ち地獄の猟犬を連れ夜の十字路に出現する悪魔として描かれました。 キリスト教的には根強い女神ヘカテーへの信仰は都合が悪かったようです。
 そんな時代の中でも女神ヘカテーに加護を祈りつつ女性たちは頑張って出産し命を繋いで行ったのです。
 異名の多い彼女ですが、その多岐に渡る役割のわりには他の神々の補佐に回ることが多いため、 信仰では彼女に祈ってから目的の神様に祈ると効果が高まると言われています。

女神ヘカテーと魔術

 さて信仰のもう一つ魔術関連ですが、初期のおまじない的なものから 王女メディアのように女神ヘカテーを召喚して魔術を行うような本格的なものまでかなり古くからなが~く続いています。
 実は現代でもウィッチクラフト(魔女術)を使うウィッカの中でも信仰されており、 カルデア人の託宣(二世紀頃)の記述を元にしたヘカテの車輪というシンボルもよく用いられています。
 余談ですが、紀元前三世紀ごろにイユンクスという円盤を使ったヘカテーなどの月の女神を呼び出す魔術がありましたが、 このイユンクスを発明したのはアフロディーテということで不思議なご縁ですね~